出張者対応

【出張者対応】Alipayで外国人も電子決済「TourPass」

今まではキャッシュのみ

今まで中国に出張に来ていた方々は電子決済ができず、キャッシュを使わなければならず、中国の便利を享受できずにいました。タクシーに乗るにしても、食事するにしても、買い物するにしても、わざわざキャッシュで支払わなければなりませんでした。中国元を手にするためキャッシングをすることも多いと思います。

電子決済には中国の銀行カードが必要

電子決済を使えるようにするには中国国内に銀行カードを持っていなければなりません。現在銀行カードを作るのは規制が厳しいようです。(上海以外の郊外で作成するのは可能なようですがマイナンバーカードの提出が必要なようです)

と、少し不便が続いていましたが、2019年11月より電子決済最大手のAlipayが便利なサービスを提供してくれることになりました。Alipayアプリ内に、日本のクレジットカードを使って元を振り込むことができます。アリペイ内に入金された中国元を使って電子決済をすることができます。

Alipayへの入金方法

AlipayアプリはApple Storeでダウンロードできます。中国語だけでなく英語にも対応していますので、中国語がわからない方は英語を使うことになります。まずはアプリ内の最初の画面の「更多」を選択します。

下の方にスクロールして「TourPass」というのを探してタップします。

次の画面にアプリ内にいくらの残額があるのかが書いてあります。この画面では0.00CNYと書いてありますので0元の残額ということになります。青色の縁内の右上には「PREPAID CARD」とありますので、これは「プリペイドカード」という位置づけということです。縁内左上には「Bank of Shanghai」とありますが、これは「上海銀行」のサービスであるということです。

画面の100元、500元、1,000元、その他金額、の中からチャージしたい金額を選択します。私はまず試しに100元チャージを試みることにしました。100元をタップすると次の画面が出てきます。

国名、パスポート番号、フルネーム、誕生日、自撮り写真、クレジットカードナンバー情報、を記入します。これを記入するのは最初だけでしょう。次回からの記入は必要ないはずです。一番上に、「Maximum load amount 2000CNY」とあります。つまり、2,000元(30,000円)までしかチャージはできないということです。

以上を記入して進むと、何とあっという間に100元がチャージされます…。何て便利なんでしょう!100元の下には「Valid till Feb 03, 2020」と記載がありますが、2020年の2月3日まで有効とのこと。だからといって使い切らなければならないのか?と思いきやそんなことはないようです。使わなかった分はちゃんと返金されるとのこと。

無事チャージされたら、あとは以下の画面の下方にはある「Payment QR Code」あるいは「Scan to pay」を選択して支払います。QRコードを見せるか、QRコードをスキャンして支払うかのどちらかで支払うことができます。

為替レートや手数料は?

気になる為替レートを調べてみました。11月5日に100元をチャージしましたが、その時の明細には「変換レート15.850円」と記載があります。1元=15.85円ということになります。

ちなみに中国銀行のTTSレートはおよそ1元=16.12円でしたので、1.7%程度Alipayの方が有利であったということです。1.7%というとかなり大きいですよね…。100元をチャージして15.85円のレートで変換してくれるので、「為替手数料」のみしかかからないということでしょうか?通常ですと、「為替手数料」とは別に両替手数料のようなものがかかりますが、それはないのかもしれません。

Author

nqj16517@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です