現地採用リーマン

現地採用 就職先はどうやって探す?

このエントリーをはてなブックマークに追加

中国の就職先をどうやって探すか

海外で働く際は、日本企業でまずは就職してからその日本企業の海外支店、事務所、子会社等に赴任するケースが多いです。現地採用の場合は海外の企業を自ら探して、直接雇用契約を結ぶことになります。海外の企業を自ら探すのは難しそうですが、私の場合まずはネットを検索してみました。

まずは「アメリカ 就職」などを検索してみました。海外で働く、といえばまずはアメリカが頭に浮かびました。色々探してみましたがあまり就職先が多くありません。まして自分の興味のある仕事もありません。アメリカで働くのはどうやら難しそうだという結論に至りました。

アメリカで就職するのを諦めてた訳ではありませんが、どこでもいいから「海外就職」というのから始めようと考えました。私の場合「インテリジェンス」という人材紹介の会社に登録することにしました。国は構わず、中国、ベトナム、など希望を出していきました。東南アジアでの就職先は割と多いようです。すると定期的に人材紹介の会社からいくつかご提案がありました。人材紹介の会社には事前に自分の希望を伝えておきました。「海外であればどこでもいいし、給料の高い低いも関係ありません。自分が成長できる場があり、自分の英語力を活用できる場が欲しい」。幸い私の場合、大卒であり英語力(TOEIC 850点程度)もありましたのでこれを活用しない手はありませんでした。

こうして人材紹介会社よりいくつか候補を上げていただき、2社面接をして結果そのうちの1社に入社することになり今に至ります。

私の場合「インテリジェンス」に登録しましたが、その他にも多くの海外企業を紹介している会社があると思いますので、まずはネットで検索してみてはいかがでしょうか?

Author

nqj16517@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です