現地採用リーマン

【現地採用】日本一時帰国時のSIMカード問題

日本一時帰国の時にどうしようか迷うSIMカードの問題… 私が現在やっている方法は、「中国移動」のSIMカードのアプリから、日本用パケットを購入する方法です。

つまり、「中国移動」のアプリ経由で日本のパケットを申請して、日本でもネットを使えるようにする方法です。

もしこの申請をしていなければ、使えないもしくは携帯の設定次第(「ローミングオン」にしている)では馬鹿みたいにお金がかかる、ということになってしまいます。

以前は使い捨てのSIMカードを購入していた

以前は上海浦東空港で使い捨てのSIMカードを購入していました。浦東空港でチェックインを済ませて、出国検査、身体検査を終えると待合ロビーでしばらく待機することになるかと思いますが、そこには免税店のほかに海外で使用可能なSIMカードを販売しているところがあります。

以前はここで購入をして、携帯のSIMカードの入れ替えをしていました。今回8月の一時帰国ではここで購入しない方法で試すことにしました。SIMカードを入れ替えるのが手間ですし、購入方法もスマホがあれば簡単にその場で出来るからです。

日本用パケット購入方法

中国語がある程度読めないと多少ビビってしまうかもしれませんが、とても簡単に購入することができました。

日頃私は携帯の使用料を確認するために、「中国移動(チャイナモバイル)」の携帯会社の専用アプリをダウンロードしてあります。こちらで普段は自分がどれくらいパケットを使用しているかを把握しています。

この専用アプリ経由で簡単に購入することができます。下の写真の様に手順を追えば購入できます。支払いはいつも通りAlipayやWechatで支払いができます。

まずはアプリ画面内の「漫遊」を押す、押した後の画面内の「日本」を押す、最後に「日本流量包」を押す。すると何日間使うか問われますので、何日かを選択します。例えば10日間を選択すると208元(約3100円)が表示されています。このまま「登録」を選択して支払いを済ませます。ちなみにこの時は20%オフとのことで結局166元(約2500円)の支払いのみでした。

その後スマホに直接ショートメッセージが来て説明が記載されているのですが、どうやらパケットは使い放題のよう… まだ中国語が不安なのでちゃんとは読めていませんが、日本に来てパケットが使えなくなったということはありませんでした。動画とかで使うことはありませんので…

不満な点

最大の欠点です。中国にいるとき同様、GoogleやFacebook、LINEなどが使えません!最悪!結局日本に来てもVPNを使用する毎日でした…。この不便さを考えるとSIMカードを変えることくらいどうってことないような気がします。

電波が非常に悪い気がします(あくまで主観)。よくiphoneの上の電波状況に記載されている「4G」が「3G」、あるいは「圏外」になりました。

安いですし、SIMカードを別途購入して入れ替えをする必要がないため非常に便利ではあるのですが、Google等が日本で使えないとなると考え直さなければなりません…。引き続き良い方法を考えていきます。

Author

nqj16517@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です