来チャイナ-上海

【上海】またまた新しい自転車シェアリングが登場!

このエントリーをはてなブックマークに追加

破竹の勢い、「美团」!自転車シェアリングにまで手を伸ばす

またまた新しい自転車シェアリングが誕生しました…。なんと運営しているのはあの「美团」グループ。

昨年の2018年に美团がMobikeを買収する、という大事件がありましたが、実際に自転車がこうして目の前に来た訳ですね。

最近私は食品デリバリーを「外卖(ワイマイ)」から「美团(メイトゥアン)」のアプリに変えていました。そんなこともあり破竹の勢いの美团ですが、ここに来て自転車シェアリングにまで手を伸ばしてきました。

自転車シェアリングの歴史(個人的な)

自転車シェアリングの個人的な使用履歴を述べますと、

2017年初期:Mobike

→2017年後半:ofo

→2018年:Mobike

→2019年:Mobike + Hellobike + 美团?

という感じです。

とりあえず使ってみよう

さて、というわけで早速使わないわけには行かず試してみました。

自転車の外観から予想すると、使い方はMobikeやHellobikeと大差なさそうです。美团自転車専用のアプリが必要なのかな?と思いましたが、アプリをダウンロードするのも億劫でしたので、wechatやAlipayのQRコードスキャンから読み取りできないか試してみました。

Alipayの中にあるスキャン機能から読み取りを試みましたがやはりダメなようです…。

と、ここで、そうだいつもの美团アプリを使えばいいのか、と今更気づきアプリを開きます。

すると今までデリバリーをよく使ってたので気づきませんでしたが、ちゃんとトップ画面に自転車シェアリングの枠があるではありませんか…。

というわけで「骑单车」をタップすると無事Mobikeの時のような画面に到着しました。

下の方にある「扫码开锁(スキャンして開く)」をタップして、自転車に載っているQRコードをスキャンすると自転車の鍵が無事開きました。

他の自転車シェアリングと何も変わりませんね…汗 乗りごごちも特に感想はありません。Mobikeと変わりません。

美团アプリ内の面白い機能

話は変わってしまいますが、美团アプリの中で今まで自転車を使った際の履歴を見ることができます。

何月何日に何分間使用して何元であったのか、全て見ることができます。

さらに地図も見ることができます。このページには、排気ガスへの貢献、消費カロリー、距離なども見ることができます。

競争激しい自転車シェアリングですが、今後はどのように変貌していくのか注視していきたいと思います

Author

nqj16517@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です