来チャイナ-上海

その名はQC SHOP、上海の散髪屋

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日QC SHOPという散髪屋さんを見つけました。こちらのお店のURLはQC Housesとなっていてどこかで聞いたことあるような名前になっています…。

QCショップの概要

お値段はなんと15元(約240円)と激安プライス。表に出ている電子表示板にQRコードが載せてあり、こちらで微信(Wechat)、支付宝(Alipay)などを使って簡単に電子決済が可能です。営業時間は8:30~21:00とありますが店舗ごとに異なるでしょう。電子表示板には担当者の写真と名前の記載があり、何分待ちなのかを教えてくれます。この電子表示板は支払いから、待ち時間の表示まで幅広く情報を提供してくれて、QCショップの「売り」の一つとなっているようです。最近流行のAIを取り入れているとのことです。

散髪屋の一般価格

私の場合(30代、男)髪にかける金額は月約120元(約2000円)です。中国の一般的な価格よりかなり高いと思われます。一般的には60元(約1000円)元程度ではないでしょうか。私は以前は40元(約640円)程度の所でも切っていました。中国へ来たばかりの日本人の出張者は、日本人美容師のいるところ、或いは日本語を話せる美容室に行きますので200元~300元(約3200円~4800円)程度します。私も最初の頃はそれ位払っていました。

日本人と中国人の髪型が違う

上記しました通り、ローカル美容室と日系美容室で髪を切るのとでは大きな価格差があります。日本人と中国人では流行の髪型も違いますし、やはり日本人は日本人らしい髪型にしてもらいたいというのがあると思います。それにローカルの美容室では細かい所まで要求が伝わりません…。中国語を話せないとかなり辛いです。今は中国語が多少は話せるようになりましたので、問題なくローカルの美容室に行けるようになりました。

と男性目線で記載しましたが、女性目線の場合また大分勝手が違うのでしょう…。

Author

nqj16517@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です