現地採用リーマン

現地採用、面接場所と費用

このエントリーをはてなブックマークに追加

現地採用の場合、日本企業ではなく海外企業と直接雇用契約を結びます。場合によっては日本企業ではないため、面接社が海外にいるケースがあります。私の場合はまさにそのケースでした。日系企業ではありましたが、拠点が日本国内ではなく中国国内にありました。面接者の社長も海外におりました。

面接場所はどこになるのでしょうか?

私の場合、スカイプ面接と電話面接の2ケースを経験しました。当然先に書類選考がありましたが、それが通過した後の話です。スカイプ面接はベトナムの現地の面接者としました。こちらの会社は残念ながら縁がありませんでした。その後は中国の会社と電話で面接しました。無事電話面接に合格し、次は中国に実際行って面接するか、面接者の方が日本に来る機会に面談をするか、の選択肢がありました。

結果面接者の方が都合よく日本に出張されるということで、その機会に面接をさせて頂きました。ただし、今から思うに、その会社にやる気を見せるためにも自ら自腹を切って海外の現地会社に面接しに行く方が良い気がしてます。リスクは高いですが…。

私が今の会社に決まる前に面接した方がいましたが、その人は自ら海外の現地会社に赴き面接をしたとのことです。採用がほぼほぼ決まりそうであったとのことですが、最終的には上手くいかず不採用となりました。自ら自腹を切ってわざわざ出向いてもダメなときはダメなんですね…。

海外での現地面接に際した旅費費用の負担はどうなる?

結論から言うと経験がありませんので分かりません。私は結局海外の現地に赴いて面接する、ということはありませんでした。現地に赴く費用が出る会社はあるのでしょうか?よほどお金の余っている大会社か、それに見合うほどの面接の価値があるか、によって違うのではないでしょうか。会社にとっても、自分にとってもリスクがありますから、私のように面接者が日本に来る機会を探って面接するのが良いのではないでしょうか。面接だからといって費用が出る、なんて甘い考えではやっていけないのかもしれませんね。

Author

nqj16517@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です