来チャイナ-上海

【上海】コロナウイルス現地状況-アプリで情報を確認、2020年2月9日(日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

「現地情報、患者数や死亡者数等は中国の「今日头条」アプリで確認」

中国語ですが、現地の情報を得ようとする際、私は「今日头条」というスマホのアプリを使っています。非常に一般的なニュースアプリです。

日本でもこのアプリをダウンロードできます。私の場合iphoneを使用していますが、「app store」の検索に「今日头条」を検索すれば出てきます。これをダウンロードして開くと現在のコロナウイルスのデータ等をみることができます。

「今日头条」アプリは日本でもダウンロード可能。中国語ですが汗。

「マップで患者数、死亡者数等をデータとともに確認できる」

トップページの上部にある「抗击肺炎」を選択すると、マップが表示されます。

マップで患者数等を確認できます。見やすいです。

中国全土の患者数、死亡者数、治療者数などが表示されます。2月9日(日)時点で確認されている患者数は37,255名、肺炎と疑われる者は28,942名、死亡者数は813名、治療者数は2,713名。なんと、この日の死亡者数は前日比+89名とのこと。10%以上増えている…。これを見る限りまだまだ「収束」ということはないでしょう。

マップの下部に「查看数据详情」がありますので、これをタップすると詳細なデータを見ることができます。

より詳細はマップ下部の「查看数据详情」を選択。

上部の「疫情地图」のページを下にスクロールしていくと、上海市内の中で地域ごとに患者数等を確認することができます。このページを見ると、私の居住する「浦東新区」という地域には、患者数が計56名、死亡者数0名、治療者数8名、というのが確認できます。

私の居住する地域の患者数を確認できる。

さらに下にスクロールすると、中国全土の各地ごとの患者数等のデータを見ることができます。湖北省がやはり多く、患者数は計27,100名、死亡者数780名、治療者数1,439名です。その他の地域では死亡者数が1〜6名とかなり少ないようですが、今後はどう変化していくでしょうか…。

中国全土の患者数も確認できる。

さらに下方には海外各地の患者数等を見ることができます。一番多いのはなんと我が日本。計89名、死亡者数は0名、治療者数は1名。先日武漢で邦人1名が死亡というニュースが入りましたが、ここには含まれないようです。

日本の患者数が多い…。船に乗っているひとの人数を含めているのでしょう。

「患者が確認された場所の詳細をマップ確認できる」

次に、上部の「确诊小区」を選択します。すると、どこで患者が確認されたかの詳細を確認できます。例えば、私の住む「浦東新区」を選択します。すると、患者が確認された場所の詳細が出てきます。

肺炎患者が確認できた詳細な場所が名称入りで出てきます。すごい…。

この場所を選択するとマップが表示されて、どこで患者が確認されたのかを確認できます。完全に場所の店舗名称などがしっかりと表示されます。こういうところは本当に中国はすごいですね…。

患者が確認された場所のマップも表示されて非常に分かりやすいです。

この「今日头条」アプリでは日々最新情報を確認することができます。日々注視して注意していきたいと思います…。

Author

nqj16517@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です