来チャイナ-上海

【2020年上海】コロナウイルス現地状況-ちょっとお高い病院に行ってみた

このエントリーをはてなブックマークに追加

久しぶりに上海の病院に行ってきました。実は毎回保険を使っているということで、上海の中でも中々敷居の高い病院に毎回通っています…。私がよく行く病院は一応日本語OKのところです。日本人はおそらくいないかと思われます。今まで日本人の先生に診てもらったことはないので。

ただし、受付の人たちは日本語を話せるひとが多いです。また、英語を話す人もいます。今回診察してもらった先生は中国人の先生で、日本語は話せず、英語のみでした。幸い私は英語が話せますので問題ありませんでした。

保険会社の人との事前の電話では、熱や風邪の症状はないか、最近イランや韓国から入国していないか、などの質問を受けました笑。日本から入国していないか、とは幸い聞かれませんでした笑。最近は中国も少しずつ親日になってきてますから、拒絶はされないようです…。

無事予約が取れて中に入ると、入り口には全身完全防備の従業員がいます。入ってきたお客さんの体温測定をする人です。病院もやはりかなり気を使っているようです。

体温測定する従業員。新型肺炎対策で全身完全防備。

さて、先生に診察してもらいます。なんだか適当な先生だなという印象です…。私は昔から全身に痒みがあり、時々全身の肌が荒れてしまうことがあります。ですから、せめて患部くらいは先生も診てくれるかな?“診てくれる”と言っても、本当に「見る」ということですが、先生は全く「見」てくれませんでした汗。

以前から何回か通っていましたので、カルテがあります。先生はそのカルテを見るだけで、患部は全く見ず、じゃぁ薬追加しておきますねぇ〜、くらいな感じでした。薬出すのはいいけどちゃんと見て欲しいなぁ。薬だけ貰いに来たわけじゃないからさ笑。

今日は痒みの診察と、ついでにアレルギー検査(血液検査)もしてもらうことにしました。以前もやってもらいましたが、項目が20項目しかありませんでした。そこの結果で、ダニアレルギーだというのは分かりましたが、ちょっと項目数が物足りず…。ということで今回は90項目見れる血液検査をしてもらうことに。あとでレシートを見るとなんと6,000元(96,000円)…。いや高すぎて普通だったら手に負えないです…。後日検査結果をメールでお知らせしてもらうことになっています。

Author

nqj16517@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です