来チャイナ-上海

【2020年上海】3月16日コロナウイルス現地状況-ジムが再開、カフェにもお客さんが戻ってきた

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日の日曜日は快晴、温度も20度にまで上り春を感じさせる気持ちのいい天気でした。日本の土曜日は非常に寒かったと聞きましたが、上海は気持ちのいい1日となりました。

外を歩くと大分人通りも多くなってきました。まだまだ以前と比べれば少ないのですが…。

最近の個人的な大きな出来事と言えば、ジムが再開したことです!衛生上シャワー室が使えないのが難点なのですが、ここは贅沢言えません…。春節前(1月21日)以来ジムには行けてませんでしたので、身体を動かしたくてしょうがありませんでした。念願叶って、ようやくジム通いができます。早くシャワー室が使えるようになってほしい…。

昨日行ったカフェも、お客さんが戻ってきています。以前と比べれば一目瞭然。お客さんをよく見てみると、マスクをしていない人も多いです。中国人の人は結構新型肺炎に対して用心する人が多いように感じていましたが、ここに来て意外とみんなマスクをしていないことに驚きました。もう大丈夫なのかな?笑 いえ、油断は禁物です。

団地の出入りや、会社ビルの出入りは引き続き体温測定や出入証の確認などがあり厳しい状態は続いています。また、外食デリバリースタッフや通販の配達人の団地への出入りも引き続き制限されています。

毎年3月末辺りには花見に行くのですが、今年は難しいかなぁ…。世界も日本も中国も、早く皆んなが元どおりの生活に戻れますように願っています。

Author

nqj16517@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です