来チャイナ-上海

【2020年3月上海】外灘のトイレの中に無料の避妊具自販機が、国家の公共衛生サービスプロジェクトの一つ

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、外灘を散歩している時に行ったトイレ。何とそのトイレの中に無料の避妊具自販機が置いてありました…。「国家の基本的公共サービスプロジェクト、避妊具を無償で提供する」という記載があります。国が管理しているのですね。上海に来て初めて目にしました。

外灘の河沿いにあるトイレの中にあります。

さすが世界でも有数の観光地、トイレはなかなか綺麗に維持されています。

中に進み、ことを済ませます。

そして手洗い場へ行くと…、何と背面にその自販機が設置されていました。

最初はトイレの紙かなと思っていたのですが、ようく見ると違います。試しにボタンを押してみますが、「暂停服务」と書かれています。つまり売り切れのようです。

この自販機の下部をみると、WeChatのQRコードがあります。小さく、「無料で避妊具をお届けします」と書いてあります。本当に?と思い、試しにスキャンしてみます。すると次の画面が出てきます。

同意するをタップして進みます。

「订单查询」をタップ。

商品の内容が書かれています。下の「点击领取」をタップ。

すると生年月日、名前、電話番号、住所、などを記載する画面になります。記載して進みます。これで完了です。

2〜3日程度で自宅に本当に届きました。びっくりです。何だかピンクのおしゃれな箱に「爱的礼物(愛のプレゼント)」と書いてあります。

開けてみると、本当にいくつか避妊具が入っています。そしてピンク色のカードにもメッセージが書かれています。ここにも「国家の公共衛生サービスプロジェクトの一つ」である旨が記載されています。

ちなみに広州のメーカーが作っているようです。国産ですね。

中国の文明も発達してきてるんですねぇ…。

Author

nqj16517@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です