来チャイナ-上海

【2021年8月上海】浦東にあるおすすめランニングスポット発見!

このエントリーをはてなブックマークに追加

僕の住んでいる浦東におすすめのランニングスポットを発見しました。会社の隣にあるジムにいつもは通っていますが、最近は外でも走ることにしています。紹介するランニングスポットは、会社からも自宅からも比較的近い場所にあります。とても整備されていて、走るのにもってこいの場所ですのでご紹介したいと思います。

ランニングした場所

上海を東西に二分する河、「黄浦江(フアンプージャン)」というのがあり、西側の河岸は観光スポットで超有名な「外灘(ワイタン)」です。僕が走った場所は、このワイタンの向かい側(東側)です。この河沿いを南北に走ります。

景色にびっくり

夜にランニングしましたが、景色の綺麗さにびっくりします。河の向かい側はワイタン沿いに並ぶ趣ある建物が並びます。さすが観光地ライトアップもすごいです。この景色を眺めるだけでも行ってみる価値があります。走って辛い時もこの景色に励まされたり、癒されたりします。

河の向かい側も綺麗ですが、走っている側にもどでかい金融街のビルが聳え立ちます。田舎者のように首を上にあげてしまい、口がポカーンとしてしまいます。観光スポットでも有名な「东方明珠(ドンファンミンジュ)」というタワーがありますいが、これを目掛けて走ります。このタワーが目印となり、目標となります。目標があると走るのにもやりがいが出てきます。

ピンクがかかったタワーが「东方明珠(ドンファンミンジュ)」

道がランニング用に舗装されている

ランニング用にちゃんと地面が舗装されています。それほど広いわけではありませんが、ストレスなく走れます。

さらに、「ランニング用」、「自転車用」、「歩行者用」、としっかり区分けができています。これにより安心してランニングができます。所々警備員が見張っていて、ランニング場所で自転車が通ると注意されたりします。警備員が何人も河沿いにいるのがすごいです。日本であれば人件費がばかにならず実現できないのではないかと思います。

トイレも配置されている

所々にトイレもしっかり配置されています。僕が入ったトイレはとても綺麗でした。「中国の公衆トイレ」といえば汚いイメージが強いかもしれませんが、ここに配置されているトイレはとても綺麗でびっくりします。おばちゃんが年がら年中トイレ掃除をしてくれています。これも日本であれば人件費の問題でなかなかできないだろうと思います。

自販機もある

最近上海でも良く見かけるようになった自販機ですが、これも所々に配置されています。電子決済が日本以上に進んでいるわけですが、もちろんこの自販機も全てスマホでQRコードを読み取っての決済です。スマホ一つあれば何でもできますので荷物が少なく非常に便利です。

子供達を含め、老若男女が楽しめる河沿い

河沿いにはちょっとした広場があるため、家族連れで楽しむために来ている人が多いです。特に僕が行ったのは金曜日の夜でしたので、とても賑やかな雰囲気でした。

広場だけでなくレストランもあります。家族でレストランに行き、美味しいものを食べ、広場で景色を楽しみ、子供達が遊ぶ。まさに老若男女が楽しめる気持ちのいい場所です。

中国人の健康志向

ランニングしている人、ロードバイクを走らせる人、など体を動かしている人が非常に多いです。特に上海では、一日中パソコンの前で仕事をする人も多いと思いますが、健康のため走る人も多いと思います。以前から健康志向が中国人は強いなと感じていましたが、ランニングしている人の多さを見ても実感しました。

その健康志向を受けて、きっと上海市政府もこのような整備された場所を提供しているのだと思います。民意を汲み取っての良い政策だと感じます。

Author

nqj16517@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です