来チャイナ-上海

【2022年3月上海】48時間の隔離が4回、更に追い打ちをかけての都市封鎖!

48時間の隔離が4回、更に都市封鎖

3月28日の月曜日に始まった浦東の都市封鎖(政府は都市封鎖ではないと言って意地になっているようですが)。3月31日の夜、現時点では既に封鎖が解除されたというニュースも入っていますが、未だ僕の住む団地は解除されていません。都市封鎖だけでなく、先日僕の住むアパートの隣のアパートで感染者が出ました。それもあって、団地内の更に一角が封鎖され、僕の住むアパートもとばっちりを食らいました。感染者が出てしまうと封鎖が延長されます。3月18日に急な団地封鎖が始まり、今の今まで延びに延び…今に至ります。

団地内の更に一角が封鎖

急だった市政策の発表

上海市が都市封鎖を発表したのは前日深夜。発表してから4、5時間すれば浦東側は封鎖されてしまいます。何と上海は東西2回に分けての封鎖。3月28日から3月31日までが浦東側、4月1日から4月5日までが浦西側が封鎖とのことです。すぐさまチャットで情報が流れます。下の写真もその時に回ってきたものです。

浦東側は、政策の発表から4、5時間で封鎖に備えなければならず、実質食料などを買いに行く時間がありませんでした。それに比べて浦西の人たちは準備期間があります。まして、僕の場合ずっと隔離が続いていましたので買いに行く時間は殆どありませんでした。浦西の人たちはいいですね、時間があって、と拗ねたくもなります。

期待の外食デリバリーサービス「外卖(ワイマイ)」

都市封鎖が始まる3月28日まで、ずっと団地封鎖で外出できなかった(団地内はOK)ものの、中国最強の出前サービス「外卖(ワイマイ)」があったため食事に困ることはありませんでした。通常は自宅まで届けてくれるワイマイですが、この間だけは団地の門前の棚に置いて行ってくれます。それで十分良かった…。

団地の門前に棚ができた

ですが、都市封鎖が始まった途端このワイマイも機能しなくなりました。ここ数日は殆どの店が閉まっていて、実質買えない状況です。ただし、夜21時以降にアプリを開いてみると、1店舗か2店舗だけなぜか営業しています。これもすぐ売れ切れてしまうので、とにかく発見次第次の日の食糧までまとめて購入しておきました。ワイマイがなくなったらどうしよう、と思っていましたが本当に困ってしまいました。選択肢がなく、好きなものが食べられないのでちょっと辛い…。やはり緊急時に備えて食料などは買い込んでおくべきでした。

団地内の一角が封鎖

都市封鎖の前に、何と不運なことに隣のアパートに感染者が出てしまったため、僕のアパートを含めて4棟が封鎖されてしまいました。朝起きたら通り道に青い臨時テントが貼られています。防護服を着たスタッフが待ち構えています。

そこには紙一枚ぺらが。「感染者が出たアパートは7日間の隔離と7日間の自主健康管理期間」、そして僕のアパートは「2日間の隔離と12日間の自主健康管理期間」とのこと。「自主健康管理期間」ってなに?調べてみると、公共交通機関や人が集まる所は極力避ける、といったことのようです。一応外出はできそう…、と思ってほっとしたところに都市封鎖が来た、というわけです。

感染者が出たアパートの前には緑色の不気味な臨時テントが張られています。感染者が隔離されているとのこと。感染するとあんな扱いになるのかぁ…。

6回の核酸検査

3月18日から今まで6回の核酸検査を受けさせられました。馬鹿みたいに受けさせます。幸い鼻ではなく喉の検査だったので安心しました。これで毎回鼻の検査をさせられたらたまったものではありません。

わざわざ病院に出向くことはなく、スタッフが団地の中に入って検査を実施してくれます。家のすぐ下なのでとても簡単です。検査は棟ごとに呼び出されます。メガホンを持った防護服のスタッフが大きな声で「核酸検査受けなさいよー」と回ってきます。

医療従事者も大変です。
メガホンで呼びかけてくれます。

検査結果も全てアプリを通じて見ることができます。手順は非常に簡単で、「健康雲」というアプリに自分の情報を登録するとQRコードが出てきます。検査を受ける直前にこのQRコードをピッとやります。システムが出来上がっていて、後日自分で検査結果をアプリ内で見ることができます。

核酸検査の結果はアプリ内で見ることができます。

「大礼包」大きなプレゼント

都市封鎖最後の日になるであろう今日3月31日に、「大礼包」が配られました。何と野菜とお肉の缶詰。「大礼包」とは「大きなプレゼント」といった意味でしょうか。最初は、「困った人への配給?」と思いましたが違うようです。「隔離の政策に従ってくれてありがとう」と、政府からの感謝の気持ちとのことです。既に半月程度隔離に合わされて、この野菜一式で気持ちが収まるとでも思ってるのでしょうか。国民の鬱憤はこんなものじゃないですよ。

何だか素直には喜べない、何とも言えない気持ちです。

さて、明日4月1日の朝5時からは何事もなければ外出できるはずですが、どうでしょうか?長らく隔離が延長されている浦東側の人々は「また隔離延期じゃないの?」と思っています。身体的んも精神的にもきつい隔離ですが、早く国にはゼロコロナ政策をやめてもらいたいものです。それでなくともやり方を考え直してほしいです。

Author

nqj16517@gmail.com
Total post: 303

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。