来チャイナ-上海

上海地下鉄の医薬品自動販売機!

このエントリーをはてなブックマークに追加

上海のとある地下鉄を歩いていると、隅っこにちょっと遠慮気味な自販機を見つけました。医薬品を販売している自動販売機でした。

さまざまな種類の自販機が乱立する上海

最近上海の地下鉄にはさまざまな自販機が置いてあります。自動販売機といえば日本が世界一だと思っておりましたが、上海でも最近はいろいろな種類の自販機を見かけます。UFOキャッチャー、傘貸し機、交通カード販売機、飲料自販機、などなどさまざまな種類の自販機を見ることができます。

どこの会社が運営してる?

自販機の上方を見ると会社名が載っています。どうやら「上海医薬」という会社が運営しているようです。ネットで検索すると、上場してる大きな会社のようです。自販機には「24時間医薬サービス」と銘打っておりますので、言葉通り24時間薬を購入することができるのでしょう。

自販機の中身は?

中身を見てみますと、何だかスカスカで心許ない感じがします…。日常会話程度なら中国語が分かりますが、まだ中国の医薬品までぱっと見では何の薬かははっきりと分かりません。おそらく抗生物質の入った薬などは販売していないのではと思います。よく見てみるとバンテリンのようなものは売っています。あとは鼻炎用の薬、堰き止め、胃腸薬のようなものでしょうか。値段が載っていないので正確には分かりませんが、一般的な値段で売っているのでしょう。

日本には医薬自販機はない?

私の経験上日本では医薬品の自販機は見たことがありません。近年、ネットでは一部医薬品の販売ができるようになったというのは記憶にありますが、自販機での販売はやはり法的にダメなのでしょうか?世界のどこでもそうですが、医薬品だけはやはり法的なものが絡んで販売に規制があるようですね。

中国のネット医薬品販売状況

私の場合最近はネット通販(タオバオ)で薬を買うこともあります。以前買おうとした薬はタオバオで商品の支払いをする前に、一度薬局から電話が来ました。これは外国人であるからでしょうか?(つまり中国身分証がないということ)中国人の友達に買ってもらったところ、特に電話などなく普通に購入できたとのことでした。医薬品のネット販売についても引き続きチェックしていきたいと思います。

Author

nqj16517@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です