来チャイナ-上海

【上海】境外人員臨時住宿登記のオンライン申請ができるようになった

引っ越す際に必要な「境外人員臨時住宿登記」

先日引っ越しをしたのですが、外国人は住んでいる周辺の担当の交番(ような所)に届出を出さなければなりません。これは在留許可省のビザを取得するのに必要な書類の一つですが、中国国内で引っ越しをする際にも自ら届出をしなければなりません。届出の名前は「境外人員臨時住宿登記」といいます。

交番で届出をする

ということで会社の人に調べてもらい、私の住んでいるエリアの担当の交番はどこか探してもらい自ら出向くことになりました。住んでいるところから徒歩で10分以内のところに担当の交番がありました。

今は交番では届出ができない

交番に行き、「境外人員臨時住宿登記」の用紙を見せると、「外を出て隣!」と言われました。あれ?この交番じゃないんだ?と思いつつ隣の立派な建物へ向かいます。

その名は「塘桥街道综治工作中心」。日本語訳にすると、「総合治療ワークセンター」となりますがよく分かりません…。以前は交番が「境外人員臨時住宿登記」をしてくれてたはずが、今はこちらのセンターが代行して実施しているようです。

中に入ってみるととても静かです。ひっそりしていて誰もいないのではないかと思わせるほどです。中の小部屋に行きます。すると暇そうな4人のスタッフが小部屋でパソコンをいじくっています。

登記したい旨を説明すると、まずこのQRコードをスキャンして登録してくれ、と言われました。なるほど!ようやくこの登記もオンラインで登録できるようになったな!と思いながらWechatでQRコードをスキャンします。

結局システムエラーで登録できず…

すると登録画面で名前、生年月日、パスポート番号、などなど登録していきます。そして最後に住んでいるところの住所を記載して、「送信」をするのですがなぜかうまくいきません…。スタッフの人にも手伝ってもらいましたがダメでした。

どうやらシステムエラーとのこと…。後からスタッフの人に聞いてみると、一応Wechatだけで登録は完了するとのことです。

システムエラーのため、スタッフの人が別の方法で登録を試みます。するとパスポートコピーや部屋の契約書などを求められました。それを提出して後日郵送してくれます。システムエラーのためか、なんだか面倒な手続きとなりました。

オンライン申請だと部屋の契約書の提出がないと思いますが、なぜあのスタッフはこの契約書を求めたのかな?スタッフの人もとても不慣れな感じがしましたし、説明不足なところがありました。もちろん私の語学力が不足しているのも理由ですが…。まぁですがオンラインで申請できるようになったのは進歩ですね!

Author

nqj16517@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です