来チャイナ-上海

【上海】自宅の電気が落ちた時(停電)どうすれば良いか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

引っ越した自宅に満足

2019年11月に引っ越したばかりの今の自宅ですが、会社まで電動自転車を使って10分、バスでも15分、内装は新品、家賃も以前よりも安い、などなど非常に満足度が高いです。特に内装が新品なのが、何よりも嬉しいです。

欠点もある

内装はしっかりしてますが、やはりここは中国、落ち度は沢山あります。シャワーの温度調整があまり上手くいきません。最初は温度が低く使い物になりませんでした。不動産(私の場合契約が大家と直接ではなく不動産となっています)の人に直して欲しい旨伝えると業者を紹介してくれました。しかしお金は自己負担。話は逸れますが、私は不動産との契約は良くなかったなと思っています。不動産の人は、大家さんと違って、自宅に対しての愛着が全くありません。ですから、何か自宅に問題があっても真剣に取り合ってくれません。その反面大家さんは自分の自宅ですから、わりと真剣に向き合ってくれます。大家さんと仲良くなれば、いろいろ相談できることもあります。

今時、停電

先日自宅が急に真っ暗になりました。停電です…。以前住んでいた自宅でも停電を経験したことがあります。こういう不便は海外では当たり前。どうにかしてくれるのがこの国ですから、昔の自分とは違い冷静に対応します。

まずは自宅内のブレーカーをチェック

自宅ないにブレーカーがあるはずですのでまずはチェックします。私の自宅の場合はキッチンの上方にありました。チェックしてみると…、あれ?ブレーカー落ちてない。暖房つけてたし、乾燥機も回してたし、アイロンかけてたし、と電気の使い過ぎかなぁと思ってましたが違うのかな?

同フロアのブレーカーをチェック

以前私が住んでいた時に停電がありましたが、その時も自宅内にあるブレーカーは落ちていませんでした。その時は、同フロアにある分電盤のブレーカーが落ちていました。その経験があったため、きっと同フロアにも分電盤があるに違いない。ということでドアを開け、外に出ます。

やはりありました。きっとこれに違いない。どうやら同フロアの他の自宅は停電になっていない模様。ということは私の自宅だけの問題ということで、マンション自体の問題ではなさそう。早速分電盤内を確認してみると…。あれ?ブレーカーが落ちてない。う〜ん、違うのか。困ったな。

隣人の人に聞く

隣人のいつも仲良くさせてもらってるおじいちゃんに相談してみます。すると、やはり分電盤を見ることに…。するとおじいちゃんはブレーカーに付いている部品を取り外しました。

あ、こんな部品があるんだ。きっとこれが壊れているのでは?よくよく目を近づけてみると…。はい、原因はこの部品でした。よくこの部品の裏を見てみると電線が切れています。この電線が切れていたせいで自宅に電源が供給されなかったということがわかりました。

ではこんな夜遅く(20時ごろでしょうか)にどこでこの部品を調達すればいいのか?どこに電話するべきなのか?おじいちゃんはおもむろに別の自宅の同じ部品を勝手に取り外し、私に手渡しました。

おじいちゃん:これを入れればいい

わたし:えっ…。じゃぁその自宅の人は大丈夫なの?

おじいちゃん:勝手に電話して直すよ。早く自宅に戻れ。

わたしにはとても優しいのですが、やってることは鬼…。あぁ、自分さえ良ければいい中国人。嫌な気分でしたが、わたしも対応に困っていたので黙って見過ごすことに。反省してます…。

Author

nqj16517@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です