来チャイナ-上海

【上海】街中にある広告に「代言人」

このエントリーをはてなブックマークに追加

街中で見かける広告。

気になる「代言人」

ずっと気になっていましたが、看板広告に有名人らしき人が載っていると、必ず「代言人」という文字が見られます。

そして代言人のすぐそばに必ずその人のサインが記載されています。

日本では見慣れない文化

私は広告に関して何も知りませんので、法律で決められているのかどうかなど全く分かりません。

それにしてもほとんどの広告に代言人と記載されているので、日本にはないなぁといつも思っていました。

代言人とは中国語ですが、意味は代弁者や広告推奨者などなど日本人であれば容易に意味を推測することができます。

要は有名人が広告品を推奨していますよ、と消費者を刺激しているということですね。

その他の広告を見ると、サインはあるが「代言人」という言葉が記載されていないものもありました。

そしてそのほかには「体験大使」という言葉の記載もありました。

これらの言葉は法律で決められてるのかしら…。

2019新広告法

中国ではメディアに対して規制が多いですが、中国において事業をしている企業等の広告に関する用語も厳しい規制があるようです。

2019新広告法というのがあり、多くの言葉が禁止されています。最安値、最高、最良、第一、中国一、世界的リーダー、などなど様々なワードが禁止されています。

この広告法に違反すると20万元以上100万元以下(350万円以上1500万円以下)の罰金が科せられるとのこと。

広告の専門家ではありませんので詳細は分かりませんが、きっと色々なしがらみがあるのだろうと思われます…。辛苦了,中国…。

Author

nqj16517@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です