来チャイナ-上海

【上海】ガソリンスタンドは現金払いのみ

このエントリーをはてなブックマークに追加

通常の日本人駐在員の場合、おそらく中国で運転することはまずないかと思います。現地採用の人間は通常とは異なりますから、運転までしてしまいます… 車を運転してますと当然のことながらガソリンスタンドによく行きます。

会社近辺でよく使うガソリンスタンドですが、いつ行っても混んでるイメージしかありません… 例によって他車との列並びでまずはゴングが鳴ります。ちょっとでも隙あらば横から別の車が割り込んできますので常に先手先手で動きます。

中国のガソリンの種類

ようやくガソリンを入れてもらえる所まで来るとおばちゃんが対応してくれます。まずはガソリンの種類を聞かれます。中国では92号、95号がありますが、92号が日本でいうところの「レギュラーガソリン」、95号が「ハイオク」のガソリンです。写真には98号の記載がありますが、新車や高級車用のガソリンなのでしょう。92や95の数字はオクタン価の値をそのまま使用しています。

おばちゃんには「加満(ジャーマン)」と伝えます。「満タンに入れてください」という意味です。このほか100元分、とか200元分、とか切りの良い数字でも入れてくれます。切りの良い数字の方がおばちゃんたちにとっては楽だからです。なぜならスマホを使ったキャッシュレス決済ができず、現金のみの取り扱いだからです。

なぜキャッシュレス決済ができない?

これだけ中国ではスマホを使った支払いが浸透しているのに、なぜか上海市内の中心地にあるこのガソリンスタンドは現金のみの取り扱いです… 他のガソリンスタンドも使ったことはありますが、その時も現金のみの対応でした。なぜなのでしょう… ガソリンスタンドはプリペイドカードを発行していますのでそれで支払うのがどうも主流のようです。もしかしたらプリペイドカードをアリペイの支払いに登録して支払う、という方法もあるかもしれませんので調べてみたいと思います。ちなみにプリペイドカードを作れるかおばちゃんに聞いてみましたが外国人は作れないとのことでした… 残念。

領収書(発票、ファーピャオ)を貰う

ガソリンスタンドのおばちゃんに支払いを済ますと、領収書をもらいに行きます。ガソリンスタンドに併設されている小さなコンビニ店のようなところに行きます。その間車はガソリンスタンド内の適当な場所に停めておきます。邪魔にならなければどこでも良いです。こういう融通の効いたところが本当に中国は楽だなと感じます。

お店のおばちゃんに領収書を貰いにお店に入ると、中には飲食物やらタバコやら何から何までずらっと並んでいます。小さなお店の中にこれだけのものが準備されているのでびっくりしました。本当に便利ですね。

セルフのガソリンスタンドはない?

見たことありませんがなさそうです。おそらく人件費が安いからでしょう… 日本の有人ガソリンスタンドでは、サービスとして車体清掃などありますが、これも中国ではないようです。車を洗う場所はそこら中にありますし、価格も非常に安いので十分なのでしょう。

Author

nqj16517@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です